クレジットを入手するならば、利用希望者本人がカードを保有するに適格な年齢であるという必要があります。細かい例外は無論存在するのですが、通常では、18歳から定年前後程度の希望者が申込受付対象である事実に留意しなければいけません。成年に達していない方は親権者の許可が前提〉まずははっきりしているのは18歳以下だと判断されるケースでは、クレカの発行は門前払いであると考えて頂いた方が良いと考えられます。義務教育期間を終えると即座に就職して、会社員として日銭を稼いでいる方も多いと思いますがあらゆる許可証というようなものと変わらず、決められた年頃に達しない限り所有は無理だとと判断して頂いた方が合理的と言えます。18才?19才の未成年の例→希望者が仮に18歳もしくは19歳に該当する未成年の場合には、どんなに高収入の会社で働いていて月給がすこぶる高いというケースであっても親権者の承認してもらうことが必須とされているのでこうしたところでも注意が肝要になります。ちなみに、大学院生もしくは専門学校通学者などの学生の人を考えて学生用カードなどと呼ばれる生徒のためのカードがあるのですから、そういったカードを申し込むようにするのが確実です(学生カードへの申込以外の場合申請手続きが拒否される可能性が高いことが考えられます)。一方で、自分でクレジットの利用手続きを行わなくても、父親もしくは母親といった両親が所持している最中のクレジットの家族カードを保持させてもらうという手段なども一つの方法であるため、小遣いにおける計算が億劫であるように感じるのならば協力を頼んでみるというのも試す価値のある方法と考えられます。18歳高校に在学中の生徒はクレカを所有できない》ところで、在学中に18歳を迎えたという事実があっても高校に在学中の生徒はプロパーカードを保持するというようなことは可能であるとは言いがたいです。しかし、専門的な訓練といったものを学習するための普通科とは違った3年制でない高校または5年以上かけて勉強するの学校(工業高校等の学校)の場合には高校生でも学校在籍者用のカードの発行を承認される場合がカードの種類によってはあり得るから、カードの所有にこだわっているケースには各クレジットカード会社のサービスセンターにまで電話してみて下されば知りたいことがわかるでしょう