自分自身はカードなどというものは持たないというような方もいます。クレカでのショッピングはキャッシュというものが減らないわけですから万が一無茶をしてしまうといったことが考慮しているということなのだと思います。だけどよく思案してみますと、カードというものは近ごろ必携のものになっています。例えば国外へと行くときに意外にその場所の現金というようなものが信用されないということがあるのです。国内においては考えにくい現象なのですけれども、海外では偽貨幣への注意とかスリに対しての念入れといった具合にキャッシュに比べクレジットカードというものが一般に使用されるのです。例えば、外国ですけれども高額の現金といったものを使用すると、大幅に警戒がされるのです。強盗犯も国内と比べて相当数多いですから用心しないといけないのです。こんな状態もありますので、日本国外渡航はカードといったものは必須であると言えるように思います。更に近ごろはWEBページなんかでショッピングをしたりとか、インターネット・サイトで多くの各種サービスを契約することもあると思います。その折に、カード入金というようなものが必要になったりします。口座送金等などに対応していないことはないのですが、そうした時は物のデリバリーがかなり遅くなってきたり申込スタートまで相当待機するケースがあるようです。外国へと行くこと、webページというようなものを利用するということはどのようにも高頻度となってきているはずです。こうしてカードを活用するような機会は数多いので身に付けた方がいいと思います。